プレッシャーとバネ

今日は2つ目です。 仕事場で今言ってる会社が出しているポスターがあるんですが、 そこに社長さんのメッセージが載っていて、 「プレッシャーをバネに・・・」云々と書いてあったんですが、 そもそも、こういう使い方ってありなのか?って考えてしまいました。 そもそも、プレッシャーってどういった意味?って考えると どう考えても仕事いうとマイナスイメージなワードしか出てこないです。。。 脅迫って・・・ どうやったら脅迫されているのに、無茶をせなあかんのだ?って僕は考えてしまいます。 次にバネなんですが、ざっくり言うと「弾性エネルギーを蓄積する性質をもつ機械要素」ってことらしいです。 物理ちっくな話になりますが、弾性エネルギー云々を専門用語で『畜勢』(ちくせい)といいます。 この蓄えられたエネルギーを取り出すためにはため込む時に利用した。エネルギーを取り除くことによって、弾性エネルギーを放出するという仕組みになっています。 さぁ、ここで改めてタイトルのプレッシャーとバネを考えてみると 脅迫やら仕事に追われている状況を弾性エネルギーと考えったらベクトルとかがそろわないと思われるので、ある程度方向性をまとめるためにフィルタリングしたと考えて、 そのエネルギーがバネに貯め込まれます。 貯めるためにかかる力=プレッシャー 貯まる力=プレッシャーがかかっているチーム(人)の素地 っていう解釈を僕はしているので、 ここで、一般的に考えられるバネの反発(畜勢されたエネルギーが元に戻る)を発生させるには、 蓄積する際に利用した力(ようはプレッシャーですね)を取り除かないとエネルギーを解放できないと思われるんですが。。。 それで良いんだろうか??

Posted in ラベル: |

0 コメント: